抗うつ薬の必要性

カウンセリング

抗うつ薬の効能

経済がかつてのような右肩上がりでなくなり、また社会も多様化しています。社会への適応が難しくなり、メンタルヘルスに不調を来す人が増えています。中でもうつ病患者は年々増加しています。うつ病の治療にとって最も大切なのは十分な休養を取ることです。社会におけるうつ病に対する認識や理解も深まっていますので、休職制度を整備している企業も増えています。しかし、休養だけでは回復できない場合も多いため、一般的には抗うつ剤を用いて治療を行うことが一般的です。うつ病の症状は、他の病気のようにも見えるので、症状が進行している場合が多いからです。抗うつ剤を服薬することに関しては、自分の弱さを認めてしまうような気がして、否定的な考えを持つ人も多くいます。また、服薬することによって、抗うつ剤に対して依存するのではないかと心配する人もいます。しかし、抗うつ剤の使用によって、うつ病の症状は軽減し、早い回復も期待できます。うつ病は、幸せな気分にするセロトニンややる気の素であるドーパミンやノルアドレナリンといった脳内の神経伝達物質の減少により引き起こされます。思考がネガティブになり、感情も鈍くなることで、抑うつ気分などの長期化が起こります。脳内の神経伝達物質を増やすことで脳の働きを正常にさせることが治療の目的です。そのためには、抗うつ薬による治療が効果的です。薬の効能も向上し、副作用も減っています。主治医との間で信頼関係を構築し、その指示に従って服薬治療を続けることが回復に向けての一番の近道です。うつ病を治療するためには、不足している脳内神経伝達物質を増やすことが不可欠です。セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンといった脳内神経伝達物質が脳内で産生されますが、これが脳内で取り込まれるために、量が不足してしまいます。そこで、抗うつ剤はこれらの神経伝達物質が取り込まれないようにすることで、脳内が十分な神経伝達物質に充たされるようにします。当初は、他の神経伝達物質にも作用していましたので、これにより副作用が引き起こされることもありました。しかし、薬の誕生から新しいものが開発されるにつれ、より副作用が少なく、安全性が高い薬が登場するようになってきました。セロトニンやノルアドレナリンに絞って、すなわち選択して取り込みを阻害する薬が出てきています。抗うつ剤は確実に進化していますが、副作用を完全になくすことはできませんし、抗うつ剤の持つ本来の効能が発揮される前に、副作用の方が先行して現われる場合がほとんどです。このため、患者の方が、この薬は自分には合わないと考えて、自分の判断で服薬を中止してしまうことがあります。うつ病の治療には、一般的に長い時間がかかります。このため、主治医の指示に従って着実に服薬をしていく必要があります。そのため、信頼できる主治医を見つけることが大切です。自分の症状の軽減に効果的な薬を処方してもらうためには、自分の症状や困っていることに耳を傾けてくれる主治医が必要です。また、同時に薬の効能や副作用に関してもきちんと説明をしてくれる、信頼できる主治医を見つけることが必要です。