抗うつ薬の必要性

カウンセリング

うつ病患者が年々増加しています。休養をとることがうつ病の回復には大切ですが、同時に抗うつ剤による治療が併用されます。最近は、抗うつ剤の性能も向上していますので、副作用も少なくなっています。主治医の指導の下、服薬治療を続けることが必要です。

もっと詳しく

うつ病の特徴や治療法

薬

治療方法と

ストレス社会と言われている現代、うつ病に悩む人々は増えてきていると言われています。体と心の健康を保ち病気を予防するためにも、まずは、うつ病の特徴を知っておきましょう。うつ病は、外的な傷などがないことから、自己診断が難しいという特徴があります。主な症状としては、倦怠感、絶望感、疲労感、自己嫌悪などを慢性的に感じるというものです。通常、日々生活していく中で、このような感情は誰にでも湧き上がるものです。しかし、楽しいことをしているはずでもそのように感じたり、その感情がずっと続いたりすると、うつ病を疑ってみましょう。また、眠れない、食事が出来ない、頭痛や吐き気、めまいが続くなどの身体的な症状も、多く見られます。身体的症状は、風邪と間違うことも多いですが、この場合も症状がずっと長引くようであれば、うつ病の可能性が高いと言えます。熱や咳がない、というようなことも、自己診断の一つのポイントです。うつ病の自己診断は難しいですが、少しでもおかしいと感じたら、病院へ行くことがおすすめです。病院は、精神科や診療内科というところになります。このような場所へ行くのに抵抗があるという人も多いですが、通常の内科や歯医者と変わりません。受付も通常に行い、診断の後薬を出してもらうという流れになります。治療としては、基本的に医師との対話カウンセリングや、抗うつ剤の処方が主になります。抗うつ剤は、イライラや倦怠感を鎮めたり、やる気を起こさせたりなどの作用があり、種類も様々あることから、広く治療に使用されています。うつ病で通院する際に気になるのが、診察にかかる費用や薬代ではないでしょうか。まず、診察そのものは、保険適用の場合1000円程度で済む場合がほとんどですので、安心出来ます。そして抗うつ剤も、高額なものではありません。抗うつ剤と合わせ、漢方薬や睡眠薬などが併用して出される場合もあります。そのような場合も、保険が適用になる場合があるので、高額になることはほぼありません。ジェネリック医薬品などを選択した場合には、さらに安くなります。2000〜4000円程度と覚えておくと良いでしょう。また、漢方薬は、東洋医学の観点から、より心のコントロールを図るために処方されるものです。睡眠薬は、眠れない、眠りが浅い、起きられないなどの睡眠障害が症状として出ている場合、処方されることがあります。質の良い睡眠は、うつ病の治療に非常に効果的なので、処方された場合には必ず飲むようにしましょう。また、抗うつ剤の効果は、飲めばすぐに現れるというものではありません。体が徐々に薬に慣れた1週間経ったころから徐々に効果が現れます。効果が感じられないからといって、自己判断で服用を中止することは止めましょう。根気強く服用を続けることによって、治療の成果が現れます。治療を行うに当たって、大切なことは早く治そうと焦らないことです。焦る心は、さらに自分を苦しめてしまうことになります。家族とともに、ゆっくり少しずつ治療を行う、というスタンスでリラックスして過ごすことが重要です。ストレスやうつ病と上手に向き合い、心の健康のバランスを保ちましょう。

容量を守って服用する

女性

心の悩みが大きくなり、うつ病などの病気になった場合に処方される薬が抗うつ剤です。医師が患者の症状にあったものを処方し、治療を続けていくうちに薬を飲まなくても症状が出なくなるため半年から1年の服用となるケースもあります。

もっと詳しく

うつを理解することが大切

医者

うつ病の治療として用いられる抗うつ剤は症状を緩和させる効果があり、継続して服用することによって全くうつの症状が現れなくなります。再発防止やうつ病にならないためにはストレスを溜め込まないようにすることも大切です。

もっと詳しく